京都の御旅宿 月屋、bed and breakfast Tsukiya

go to the english page

京都・五条 片泊まり 町家の旅館、ゲストハウス錺屋姉妹店 御旅宿 月屋

  • お問い合わせ
  • 月屋についてのページ
  • 宿泊についてのページ
  • お部屋の紹介のページ
  • 空室状況のページ
  • ご宿泊予約のページ
  • 月屋へのアクセス方法のページ
  • 女将日誌

    カテゴリー別アーカイブ: 月屋の日常

    早めに楽しむ祇園祭

    七月の京都は、祇園祭一色。

    今年もひとあしお先に、函谷鉾の厄除けちまきを頂きました*

    一般販売は13日の10:00から長刀鉾・函谷鉾・鶏鉾・菊水鉾、

    13:00から月鉾、18:00から船鉾が開始とのこと。

    売り切れることもございますのでお早めに。

    IMG_7597

    京都では祇園祭の間、厄除けの花として玄関に檜扇を飾る風習がございます。

    近年他府県ではあまり見かけないお花やと聞きました。

    7月いっぱい、意識すると京都の至るところで見かけるかと思います。

    月屋の玄関にも。

    IMG_7654

    さて今年も順に鉾建てがはじまりました!

    こちらは船鉾の縄がらみ。

    釘を一切使わず、縄だけで組んでいく職人技を間近に見学できます。

    IMG_0469

    【祇園祭前祭の山鉾建開始日スケジュール】→各山鉾町の行事日程

    7月10日 長刀鉾・函谷鉾・鶏鉾・菊水鉾・月鉾
    7月11日 放下鉾・船鉾・岩戸山
    7月12日 保昌山・山伏山
    7月13日 占出山・霰天神山・郭巨山・伯牙山・芦刈山・油天神山
    ・・・・・・・木賊山・太子山・白楽天山・綾傘鉾・蟷螂山
    7月14日 四条傘鉾・孟宗山

    山鉾建ては、各開始日より3日間楽しめます。

    こちらは岩戸山の屋根取り付け。

    IMG_0484

    今年は長刀鉾の曳き初め(試し曳き)を見に行ってきました。

    さすがに人気で大混雑しておりました。お稚児ちゃんが乗っていて可愛いですものね。

    IMG_0449

    【祇園祭先祭の曳き初めスケジュール】

    函谷鉾・鶏鉾→12日午後2時~
    菊水鉾・月鉾→12日午後3時~
    長刀鉾→12日午後3時半~
    蟷螂山→13日正午~
    放下鉾・船鉾・岩戸山→13日午後3時~

    女性でも当日参加で、鉾が曳ける貴重な機会ですし、

    ぜひ曳きたい!というかたは、13日のほうが空いていると思います。

    囃子方、屋根方、車方みんな揃って巡行本番さながら。

    特に新町通りを通る曳き初め(※先祭の場合放下鉾・船鉾・岩戸山)は、

    道が狭く大迫力なのでおすすめです!

    IMG_7642

    毎年13日は並ばずに買える膳處漢(ぜぜかん)ぽっちりの祇園祭限定しみだれ豚饅。

    土曜日のせいなのか、有名になりすぎたのか・・・昼間から長蛇の列、1時間待ち。

    IMG_7608

    基本蒸し上がり待ちなんですよね。

    時々霰天神山の山建てで、販売中断されたりもするっていう。

    IMG_7605

    並ぶの嫌いな京都人・・・でも1年に一度きり、

    この笑顔のためならば!

    IMG_7614

    12日の夕刻からは、鉾によっては提灯も灯りだし、祇園祭らしくなってまいります。

    しかしおあいにくの雨模様・・・

    IMG_0502

    今年は13日・14日・15日が土日祝なので人出も多そうですが、

    例年は12日・13日の夜が、ゆっくり鉾の鑑賞ができます。

    個人的には10日から13日がいちばん好きですね。

    混雑を避け、ぜひ早めの日程でお楽しみいただければと思います。

    IMG_7661

    御旅宿月屋

    女将・涼子

    夏越の祓

    6月30日は、夏越の祓。

    京都中の神社で、夏越大祓式(なごしのおおはらえしき)が執り行われます。

    1年のちょうど半周にあたる今日、この半年間の罪や穢を祓い、

    残り半年間の無病息災を祈願し、気持ちを新たにします。

    IMG_7427

    今年は四条大宮から、嵐電に乗って車折神社へ。

    車折神社駅を降りたらもう目の前が車折神社。

    茅の輪くぐりしてきました。

    IMG_7380

    茅の輪をくぐったあと、人型に息を吹きかけ名前年齢性別を書いて納めます。

    IMG_7396

    境内に芸能神社があり、圧倒される量の朱の玉垣が並びます。

    著名な役者さんやタレント、漫画家さんなどの名前も。

    IMG_7388

    右京区育ちなので、嵐電は身近にはあったのですが、久しぶりに乗ると楽しくてびっくり。

    ローカルすぎる住宅地をすり抜ける細い線路・・・

    観光地や寺社仏閣と、住民の暮らしが明確に分かれていないのが、京都の良いところではないでしょうか。

    IMG_7408

    バスは大通りを通りますが、嵐電には、嵐電でしか見れない風景・京都の日常があります。

    IMG_7365

    1日乗車券で、1日遊べそう。こんど試してみたいな*

    四条大宮駅へは、月屋より徒歩20分。

    IMG_7413

    そしてもうひとつ。夏越の祓といえば、

    「水無月」(みなづき)を食べる日。

    三角形の外郎の上に邪気を払うとされる小豆をのせたお菓子で、

    京都のひとにやたら愛されています。

    IMG_7435

    今年もあと半分か・・・としみじみ。

    皆さまも来年こそぜひ夏越大祓式と、水無月を味わいに、京都にいらしてくださいね。

    IMG_7458

     

     

    御旅宿月屋 女将 涼子

    梅のかほり

    今月も結髪師聖子さんとの髪結いあそび。

    *詳しくは錺屋ブログご覧くださいまし→『初夏の髪結い撮影会

    IMG_6942

    たまたま月屋で撮影中、

    そうたくんが和歌山で収穫のお手伝いをしたという、おっきな梅が届きました。

    IMG_6930

    桃のような甘い香りにくらくら・・・

    思わず生のままつまみ食いしたけど、食べれるもんなんですね。

    酸っぱくないスモモみたい。

    IMG_6913

    この香り、お届けできたらよいのに!

    あゆみさんは後日、梅シロップにしてはりました。

    IMG_6907

    ちなみに今回の舞台設定は明治後期~大正あたり、

    あゆみさんは宿の女将さん役で、地毛結い。京風の両輪という髪型です。

    簪も珊瑚から、翡翠に。涼しげな夏の装いとなりました。

    IMG_7024

    小さな変化を愛で、

    季節をひとつ、ひとつとていねいに、

    目で、鼻で、耳で、肌で、お口で味わっていきたいですね*

     

     

    御旅宿月屋 女将 涼子

    皐月と子鹿

    月屋の通り庭では、皐月の盆栽が満開を迎えています。

    もう9年前になりますか、

    錺屋の近所で拾った”ご自由にお持ちください”サツキ。

    IMG_6370

    とっても大きくなりました。

    ぜひ2年前と比べてください!

    →月屋の女将日誌サツキと龍」参照

    IMG_6355

    今年は奈良から、小さな子鹿が遊びにきています。

    超キュート。

    IMG_6364

    種明かしすると、動物フィギュア「シュライヒ 」製のオジロジカなんですが、

    そらこちゃんが二ホンジカに塗装しなおしてくれました。

    そして時々子鹿の場所を移動するように、とのこと。

    IMG_6376

    あれ、動いてる?と、

    お客様に驚いていただくためだったのですが、

    フィギュアだってばらしてしまいました。

    すみません。

    でも、この動物を置くことによって大きな木に見えるのが可愛いでしょう。

    IMG_6350

    そんな盆栽の魅力に、気づいてもらえたら嬉しい byそらこちゃん

    御旅宿月屋 女将・涼子

    詩と洋菓子“Nowhereman”

    店舗を持たず、お取り寄せ、展示会、イベント出店のみながら、

    高い人気を博す洋菓子店。

    常連さんから噂に聞き、ずっと気になっていた洋菓子店。

    詩と洋菓子“Nowhereman”

    この4月ついに実店舗OPENされました!

    IMG_5688

    佛光寺の南で、月屋からも近いです。

    入った瞬間気が遠のくほどの香りの良さに、思わず声出ちゃいました。

    IMG_5685

    生クリームや生フルーツのケーキはありません。

    茶色くて、素晴らしいお菓子ばかりです。

    IMG_5686

    何種かいただきましたけど、

    予想と違う答えが返ってくるお菓子ばかりなんです。

    それが本当に面白くて。

    例えばフィナンシェは手に乗せるとずっしり重いんですけど、

    食べると軽いんです。香り高くて、何これフィナンシェなの?って。

    楽しいお店ができたなぁと喜んでおります。

    IMG_5705

    お土産用に日持ちのするものから、今日中に食べてほしい焼き菓子まで。

    京都に来たなら是非体験して欲しい。

    【詩と洋菓子ノーウェアマン】

    京都市下京区葛篭屋町507-2 (高倉高辻下る) 

    12:00-19:00 定休日 月・火

    ※ショーケーㇲの焼き菓子が売り切れると早めに閉店されますので、ぜひお早めに!

    HP→http://www.nowhereman2010.com/

    Twitter→https://twitter.com/nowhereman_cake

    instagram→https://www.instagram.com/nowhereman_cake/

    ・ 

    御旅宿月屋 女将・涼子

     

     

    大正時代の御婚礼

    大正時代の京の嫁入りを忠実に再現するという、結髪師聖子さん監督による、

    “本気のあそび”

    という名の素敵な撮影会が、月屋で行われました。

    恐れ多くも花嫁役 女将と、仲人役 あゆみさんで、モデルを務めさせていただきました。

    Photo-from-2019-04-24-12-16-08

    親戚の方役のモデルさんは地毛結の丸髷です。

    お着物はお婆さまのものだとおっしゃっていました。

    一方あゆみさんは同じ丸髷でも、「半かつら」という地毛とかつらを組み合わせた技法で、

    短い時間でも、また短い髪の人であっても日本髪姿になれるという、魔法のような職人技です。

    Photo-from-2019-04-24-14-13-29

    今回モデル3名で、時間的に地毛結が難しかったため、

    役柄に合わせ、人毛の半かつらを手結いし準備してきてくださったわけです。

    生え際は地毛を使いますので、

    近くで見ても、かつらとはわかりません。

    IMG_4573

    文金高島田に角隠し、アンティークの黒振袖を着付けていただきました。

    このびらびら簪(銀色の)と、後ろのくるくるは、

    京都の花嫁さんならではの飾りなんだそう。

    お着物や小道具に至るまでアンティークで統一感と設定があり、一切手抜きなし。

    IMG_4614

    だんだんその気になってくる花嫁と仲人。

    IMG_4686

    嫁入りとは、家から家へ送り出すこと。

    家での支度の風景は、晴れやかな中にもどこか物悲しさを帯びています。

    Photo-from-2019-04-24-15-10-55

    「おねえさん、うち・・・」

    「しっかりしよし」

    Photo-from-2019-04-24-15-12-35

    「ほなそろそろ・・・行くえ」

    そんな声が聞こえてきそう。

    Photo-from-2019-04-24-15-20-42

    京都やし、こんなクラシカルな大正時代の婚礼スタイルもええ思います。

    髪結いと前撮りなんかいかがでしょう? ぜひお問い合わせくださいませ♡

    ちなみにこの姿のまま、月屋から錺屋まで歩いたら、どうにも目立って、

    道行くおばあちゃまたちが、うちらのお母はんの時のや・・・とざわざわ・・・

    黒い花嫁さんええなぁとおっしゃってくださいました。

     

    折角なので、外で撮影したい!

    なんと西陣のお宿鯉屋さんまで移動しました。

    IMG_4760

    立派なお庭と縁側をお持ちの鯉屋さん。

    今回特別に撮影許可をいただきました♡

    IMG_4716

    未婚なので、もちろん花嫁さんなんてはじめてやったのですが、

    1日「お嫁さん」と呼ばれ、こんな素敵な衣装に身を包むと、

    ほんまに嫁ぐ気分になりましたし、

    一生に一度の、貴重な体験をさせていただきました。

    IMG_4781

    聖子さんはじめ、ご協力くだすった皆様、

    本当に有り難うございました!

    今回は思いきりハレの日の日本髪でしたが、

    ケの日の日本髪も魅力的なんです。

    聖子さんとの、ケの日の髪結い。こちらを参照ください。

    第一回目:錺屋にて銀杏返し 第二回目:錺屋にて洋髪

     

    日本髪を日常に。

    文化を繋ぐ聖子さんのご活動を、心から応援すると共に、

    令和の世にも、私たちの世代が伝えゆかねば。

     

    御旅宿月屋

    女将 涼子

    髪結うて

    前回あゆみさんが、日本髪を結うていただいたご縁で、

    詳しくは錺屋ブログ参照*

    ひと月待たずして二度目の機会に恵まれました。

    今回のテーマは大正ロマン香る、洋髪。

    なんと私も、結うていただくことに!

    IMG_3199

    撮影用に、着物もアンティークの物を

    コーディネイト&着付けをしていただきました。

    あゆみさん(左)は「束髪」。明治時代に日本髪に代わる髪型として誕生。

    わたし(右)は「耳隠し」。洋服にも合うことから大正時代に大流行したそうです。

    IMG_0670

    西洋への憧れもあったんでしょうね。

    このあと更にモダンな「断髪」が登場します。女性の髪形が劇的に変化した百年。

    IMG_0671

    月屋の建物も、この髪形が流行った頃に建ったことでしょう。

    着物や櫛も、同じくらいの時代のものかもしれない。

    IMG_3386

    髪を結うてもろて、それを3日間梳かないで維持して暮らしてみて、

    合わせて着物も着たりして、

    とても楽しく、豊かな体験をさせていただきました。

    髪を毎日洗って梳くようになったのなんて、最近の文化ですからね。

    普段から息をするように着物をお召しになる御三方のように、

    いつか着慣れたいものです。

    IMG_3414

    この2度にわたる髪結いで、髪飾りに惹かれるようになりました。

    (聖子さんが素敵なの持っていらっしゃったので・・・)

    先日みんなで京都アンティークフェアにいったときに、

    傷ものの櫛と笄のセットを買い、お直しして磨きました。

    IMG_3878

    どこぞのお嬢さんの、宝物だったに違いない。

    そのバトンは大事に受け取ってあげたいし、

    いつか誰かに渡したい。

    値段に関係なく、アンティークとはそういうもの。

    今回私が、髪結いによって櫛に興味を持ったように、

    月屋にいらっしゃったお客さまにも、町家で過ごす一晩、

    漆塗りの膳や椀で朝食を召し上がっていただいて、何かのきっかけとなれば・・・

    嬉しいなぁと、思ったのでした。

     

    御旅宿月屋

    女将 涼子

    彼岸桜

    そろそろお彼岸ですねぇ。

    今日の朝ごはんは、鳥挽き肉と長芋のつみれです。

    そろそろええかなぁと思い、桜の箸置きを出しました。

    tsukiya.breakast001

     

    館内では、早咲きの彼岸桜が満開です*

    春だわぁ。

     

    IMG_3016

    館内では、早咲きの彼岸桜が満開です*

    春だわぁ。

    そろそろ京都の町がざわついてまいります。

    京都の桜開花状況はこちら

    旬って短いものね。

    IMG_3019

     

    御旅宿月屋

    女将 涼子

    日本髪で撮影会

    ご縁あって結髪師の聖子さんに、

    錺屋であゆみさんの地毛結いをしていただきました。

    江戸後期から昭和の初めまで、幅広く結われていた「銀杏返し」。

    整髪剤ではなく、昔ながらの鬢付け油で仕上げます。それがまたいい香り・・・

    IMG_1559

    櫛やかんざしなどの髪飾りコレクターとのこと、どれもアンティークで可愛すぎる*

    地毛をふわっと結うてあるので、あゆみさん曰く軽くて自然なんだそう。

    IMG_1640

    可愛いわ、似合うわで、大興奮の写真撮影会。→詳しくは錺屋ブログ参照*

    舞台は、月屋へ。

    IMG_1914

    この望月のお部屋の縁側は、お気に入りの撮影ポイント。

    自然光が入るので、綺麗に撮れます。

    IMG_1937

    昔の女子たちは、この一糸乱れぬ髪型を維持するのに必死だったそう。

    本気でお洒落ですよね。

    IMG_1944

    現役の結髪師さんはごく少人数なんだそうです。

    日本髪も、着物も、古い町家も、残したい、残るべき文化。

    写真に撮って発信するだけでも、

    この魅力が誰かに届くかもしれない。

    そんな期待も込めて。

    写真、撮りにいらっしゃいませんか?

     

    御旅宿月屋 
    女将 涼子

    落ち椿

    ふと見ると、

    数が増えている、落ち椿。

    IMG_1540

    雨のお庭に、落ち椿。

    雨が上がると、また増える。

    IMG_2281

    見上げると、まだまだ蕾があって、

    どんどん咲きそう。

    IMG_2287

    弦月のお部屋では、

    まだまだ当分、落ち椿を楽しめそうです。

    IMG_2290

    城南宮もええけど、

    もうここでええかなぁ。

    ・ 

    御旅宿月屋

    女将 涼子

  • 御旅宿月屋
  • Bed & Breakfast Tsukiya、京都の御旅宿 月屋、地下鉄 五条駅より徒歩3分 京都駅・四条烏丸駅より、地下鉄にて一駅京都の中心地、駅近で観光・ビジネスにアクセス良好 アクセスのページへ
  • 月屋の女将ブログへ
  • 月屋のfacebookへ
  • 月屋のtwitterへ
  • 月屋の姉妹店、京都の町家ゲストハウス錺屋へ