京都の御旅宿 月屋、bed and breakfast Tsukiya

go to the english page

京都・五条 片泊まり 町家の旅館、ゲストハウス錺屋姉妹店 御旅宿 月屋

  • お問い合わせ
  • 月屋についてのページ
  • 宿泊についてのページ
  • お部屋の紹介のページ
  • 空室状況のページ
  • ご宿泊予約のページ
  • 月屋へのアクセス方法のページ
  • 女将日誌

    カテゴリー別アーカイブ: 月屋の日常

    月鉾巡行!

    17日は祇園祭山鉾巡行

    今年は3連休最終日の祝日でしたので、

    地元の人だけでなく多くの観光客で賑わいました。

    私も新町通りを上り、贔屓にしている月鉾さんの雄姿を見に行ってきました。

    DSC04359

    はっぴも扇子も可愛さNO.1!

    鉾の中でも最大重量を誇る月鉾さん。

    新町通、道幅ぎりぎり。

    DSC04364

    えーんやーらーやー

    軋みながらすれすれを通る鉾の格好良さ、

    毎年の事ながら痺れました。

    吉田家住宅(無名舎)の二階からは舞妓ちゃんも見学してはりました。

    優美やわぁ。

    若い子の多い宵山とちごて、

    わりと年齢層高めの山鉾巡行

    それにもかかわらず、大きな鉾が通るたんびに黄色い歓声があがります。

    DSC04368

    応仁の乱の前には、58基もの山鉾があったそうです。

    今はぼっち気味の保昌山も、ぼっちちごたんやろなぁ。

    再三の大火で焼失、復興を繰り返し、

    きわめつけのどんどん焼けで甚大な被害を受けましたが、

    徐々に復興し、3年前大船鉾が揃って現在33基。

    また1週間後には、後祭の山鉾残り10基が巡行し、

    大船鉾がトリを務めます!

     

    御旅宿月屋

    女将

     

    涼をもとめて

    梅雨明けもしないままに、晴れの日が続き、

    早くも厳しい暑さに見舞われております。

    こうも暑いと、涼を求めてガラスの器を使いたくなります。

    IMG_8782

    この日は夏野菜と半熟卵の揚げ浸し。

    三日月のお部屋では、テーブルで召し上がっていただきます。

    IMG_8770

    さらに涼をもとめて、

    夏用の麻暖簾に換えました。 丈も短く涼しげです。

    IMG_8789

    普段はしっかりとした紬の生地でしたので、

    同じキナリですが、こんなに透けません。

    IMG_8785

    さて、今日は宵宵山。

    お祭りらしく夜店が出て、

    3連休と重なり多くの人で賑わう夜。

    厄除け粽(ちまき)をお求めの際は売り切れたり、

    人が多くてたどり着けない可能性もございますので、

    ぜひ朝~夕方にかけてのお早めの行動を。

    何度も言いますがやっぱり13日、14日がお勧めです。

    各山鉾によって、デザインやお値段、ご利益が違いますので、

    どの粽にするか迷ってしまいますね。

    IMG_8783

    暖簾にあわせて、さっそく粽も交換しました。

    新しいものは青くていい香りがします。

    うちはご縁あって函谷鉾

    函谷鉾の粽のご利益は、厄除け・疫病除けです。

    一年間よろしくお願いします!

    御旅宿 月屋

    女将

    祇園祭さんぽ

    今日は夕方から浴衣に着替え、

    歩いて月鉾ちゃんの様子を見に行ってきました!

    すっかり完成してますね。

    IMG_8714

    ちまき、うちわ、手ぬぐい等(千円程度)を買えば無料で月鉾に上れます。

    宵々山、宵山あたりには長蛇の列となりますので、鉾見学はお早めに。

    IMG_8712

    他の鉾は、長刀鉾みたいにどうがんばっても女人禁制のため上れないところもあれば、

    船鉾みたいに、見学700円てなところもございます。

    IMG_8753

    岩戸山では「食べられるちまき」というのを売っていました。

    子供たちが連呼する「厄除けちまきいかがですかー」

    祇園祭中に、ちまきといえば、食べられへんもんってのが当たり前で、

    食べられるちまきという本来当たり前のものに、

    違和感を感じるのがおもしろい。

    IMG_8757

    岩戸山も、船鉾も、こちらの放下鉾も新町通り。

    どちらも月屋よりまっすぐ行けば見えてまいります。

    IMG_8750

    こちらも放下鉾のお囃子隊。

    下から良く見えるところには、目に麗しい少年のおちりを配置。

    少年は鉦方で、大人になると太鼓方や笛方にまわるのだとか。

    囃子方の人数はだいたい、

    鉦方9名、笛方9名、太鼓方2名の20名程度が乗っているそうです。

    鉾って上ってみると案外狭いので、それはもうぎゅうぎゅうです(笑)

    IMG_8751

    こんこん ちきちん こんちきちん

    ちきちき ピヨー

    混雑するから祇園祭は苦手というかたにも、

    13日、14日の夕方頃が空いておりますのでお勧めです。

    ぜひ京都の夏を味わってください。

     ・

    御旅宿月屋

    女将

    月鉾・鉾壱番

    7月10日より長刀鉾、函谷鉾、菊水鉾、鶏鉾、月鉾と、

    大きな鉾の鉾建てがはじまりました!

    こちらは四条通の長刀鉾

    IMG_8576

    幸い雨にも苛まれず順調に、

    初日の夕方にはここまで建ちました!

    こちらは室町通りの菊水鉾さん。

    IMG_8570

    そして我らが月屋の推し鉾といえば当然月鉾

    月鉾はお揃いのハッピ着てくれてて可愛いんですよ*

    IMG_8564

    そして月鉾ちゃん、今年は鉾一番を引き当てたんです!

    月鉾のおうちの前に自慢げに飾ってありました。

    IMG_8565

    【祇園祭前祭の山鉾建開始日スケジュール】

    7月10日 長刀鉾・函谷鉾・鶏鉾・菊水鉾・月鉾
    7月11日 放下鉾・船鉾・岩戸山
    7月12日 保昌山・山伏山
    7月13日 占出山・霰天神山・郭巨山・伯牙山・芦刈山・油天神山
    ・・・・・・・木賊山・太子山・白楽天山・綾傘鉾・蟷螂山
    7月14日 四条傘鉾・孟宗山

    こちらのサイトに開始時間等詳細が掲載されています→各山鉾町の行事日程

    IMG_8584

    そして今日は神輿洗式でございました。

    夕刻の寺町商店街にこだまする函谷鉾のお囃子・・・

    お迎提灯に遭遇!

    IMG_8599

    お迎提灯は祇園祭の神輿洗を迎えるための行事で、

    祇園囃子のあとにはお子さま鬼武者とか、お子様しゃぐまとか、

    鷺舞とか、お馬たんに乗った御稚児さんとか、

    それはそれは目に麗しく可愛い行列なのでございます。

    IMG_8603

    四条大橋の上で、松明にも遭遇。

    DSC04179

    今年は八坂さんの石階段の上で、

    御神輿を待ち伏せしてみました。

    少し遠いですが、高いところは見晴らしがよく涼しいです。

    そして車のいない四条通、壮観でした。

    IMG_8626

    八坂さんから出た御神輿が、

    ほいっとーほいっとーの掛け声で、四条大橋まで担がれていきます。

    鴨川の水で清められて、また戻ってきた御神輿。

    IMG_8656

    鷺舞の鷺ちゃんも並んでおむかえしています。

    可愛い・・・

    IMG_8671

    御神輿が南楼門から八坂さんに戻っていきますので、

    すかさず正面の西楼門より追いかけ本殿へ。

    DSC04248

    ここでも2周ほいっとーほいっとーして、

    舞殿におさめ、3基揃うと飾り付けをします。

    DSC04295

    この御神輿は、山鉾巡行(7月17日)の後、

    夕刻の神幸祭で渡御します。

     

    祇園祭についての詳細はこちら*

     

    御旅宿 月屋

    女将

     

    夏のよそおい

    7月に入り、

    京都では祇園祭もはじまりました。

    祇園囃子に蚊取り線香のにおい・・・

    いよいよ夏が来たという気が致します。

    IMG_8522

    朝ごはんでは、温かいお番茶から冷茶に変わり、

    ぬか漬けをはじめ、夏野菜のおいしい季節となりました。

    IMG_8515

    昨年の陶器市・清水焼の郷まつりで購入し、

    お出しするのを楽しみにしていた、

    団扇型に金魚の箸置きもやっとの出番となりました!

    IMG_8525

    赤金さんと出目金さん、

    手描きなので、一匹づつ表情が違います。

    箸置きは可愛い上に、

    気軽に季節感を取り入れられるのでお勧めです。

    京都にいらしたら、ぜひ清水焼の箸置きをお求めください*

     ・

    御旅宿月屋

    女将

     

    京都アンティークフェア

    第68回京都大アンティークフェアが、

    6月30日(金)・7月1日(土)・2日(日)の3日間で開催中!

    私は初日に行ってきました。

    ファイル 2017-07-02 9 20 04

    アンティークフェアの何がありがたいって、

    無料駐車場がある上に、エアコンの効いた室内で、日焼けの心配もないということ。

    客層もお品もちょっとオトナ向けなかんじですが、

    ワンコイン程度の掘り出しものもございます。

    着物なんかも天神さんとそないに変わりません。

    IMG_8495

    四角くて木目の美しい下駄を入手しました。

    蚊取り線香とともに、弦月のお庭へ。

    IMG_8494

    夏らしく、涼やかになりました。

    今の時代にこれと同じもんを作るとなると、

    ほんまに高うなると思います。

    古道具万歳!

    IMG_8509

    そして、朔の朝ごはん用のお膳も入手。

    脚まで蒔絵がこんもりしてて、豪華でめちゃ可愛いんです♡

    IMG_8503

    こちらの美しいお膳、まだ4枚残ってましたえ。

    時間: 午前10時~午後5時(最終日のみ午後4時まで)

    会場: パルスプラザ(京都府総合見本市会場)大展示場

    京都市伏見区竹田鳥羽殿町五
    TEL(075)611-0011 ※会期中番号(075)621-6873

    アクセス: 月屋からは地下鉄・「五条駅」乗車、「竹田駅」下車。

    竹田駅から会場まで無料送迎大型バス(所要5分)が用意されています。

     

    御旅宿月屋 女将

    あじさい便り

    今年の梅雨は雨降りませんねぇ。

    さて京都も紫陽花が見ごろをむかえております。

    この時期、街には紫陽花が溢れ、

    それでも満足してしまいがちですが、ぜひ紫陽花の名所へ足を運んでみてください。

    京都新聞に、アジサイだよりの特設ページがございます。

    ライトアップなどの情報も掲載されております。

    IMG_8429

    月屋のお部屋や玄関などには、

    芍薬の季節が過ぎ、今は紫陽花を生けております。

    IMG_8439

    紫陽花は背が高く、わさわさっとボリュームがあるので、

    お花屋さんから持って帰ってくるのが一苦労なんですよね。

    IMG_8434

    紫、青、白、グリーン。

    どれも好きです。

    IMG_8437

    さて、6月30日には京都のいたるところの神社で、茅の輪くぐり(夏越の大祓)が行われます。

    茅の輪をくぐって、水無月を食べて、無病息災を祈るのが、

    京都の風習。

    DSC02234

    (※写真は2年前)

    1年の折り返し、というのもまた感慨深い1日。

    派手さはないものの、味わい深いので、

    月屋へご宿泊の上お楽しみいただけますと幸いです。

    また、6月30日(金)・7月1日(土)・2日(日)には、

    西日本最大の古美術イベント『京都大アンティークフェア』も開催されます。

    こちらも今から楽しみ*

     ・

    御旅宿月屋 女将

     

     

     

     

    サツキと龍

    月屋の通り庭では、

    白のサツキの鉢植えが見頃を迎えております。

    IMG_7981

    7年前、錺屋の近所で拾ったすて猫のサツキ。

    →詳しくは錺屋ブログにて

    IMG_7984

    今年もたくさんの花がつきました!

    当たり年やねぇ*

    IMG_7990

    あれ、よう見るとなんかいはる。

    龍や!

    IMG_7991

    渋うて格好ええですけど、

    アンティークやおへん。海洋堂どす。

    IMG_7994

    ほんで勝手に住みついたん違うて、

    そらこちゃんの仕業やと思う。

    御旅宿月屋

    女将

     

    飛雲閣でお茶会

    月屋からも徒歩5分の西本願寺・夜の特別拝観‐花灯明

    がとっても良かったと昨晩錺屋ブログに書いたばかりなのですが、

    →詳し記事はこちら★

    伝灯奉告法要期間の午前中、

    慶讃茶席を、なんとも優美な国宝「飛雲閣」にて楽しめるらしいということで、

    早速今朝行ってきました!

    事前予約制みたいですが、平日だったので、当日申し込みでも大丈夫でした。

    DSC03933

    昨晩のライトアップでは、

    この石橋を渡っていけたら夢のよう・・・

    と思っていたのですが、

    まさかさっそく夢が叶うなんて。

    DSC03907

    昨晩の、満月の飛雲閣は、

    この世とは思えん程ロマンティックでした。

    DSC03948

    どきどきしながら橋を渡り、

    きょろきょろしながら中へ。

    こっちの世界へ来てしまった!

    DSC03935

    お茶席は1階、大きな広間になっています。

    襖や床の間は金箔貼り・・・に見えないくらい煤けて渋かったです。

    DSC03942

    この一段高い、上段の間には、

    かの秀吉公が座られていたとか。(胸があつくなりますね!)

    元々はもっと広い池の中にあり、船で出入りしたという飛雲閣

    こんな下々のものでも入れるなんて、今の時代に生きた特権ですね。

    DSC03944

    お茶とお菓子をいただいて、お琴の生演奏。

    まるで竜宮城みたい。

    (お茶のお作法などは気にしなくて大丈夫です。)

    DSC03959

    金閣銀閣と共に「京の三名閣」の一つに数えられる飛雲閣。

    この機を逃すと、修復のため当分公開されないとのこと。

    滅多とない貴重な機会ですので、

    ぜひ5月末には月屋にご宿泊の上、

    国宝を味わう優美なひと時をお過ごしください。

    【期間】

    伝灯奉告法要の第8・9・10期

    第8期:2017年4月25日(火)~5月2日(火)

    第9期:2017年5月9日(火)~5月16日(火)

    第10期:2017年5月24日(水)~5月31日(水)

    【時間】

    9時より12時半まで30分毎に開催、1日限定400名(各回約50名)、所要30分

    【料金】

    懇志:2,000円(浄土真宗本願寺派たすけあい運動募金に寄付されるそう)

    【受付】

    本願寺おてらカフェ&マルシェ「AKARI」内協賛行事受付にて要予約

    西本願寺

    〒600-8501京都市下京区堀川通花屋町下ル

    Tel(075)371-5181(代)  Fax(075)351-1372

    京都駅からは、市バス9番,28番,75番に乗車、『西本願寺前』で下車。

    バスに乗らずとも、歩ける距離です。

    御旅宿月屋

    女将

    手巻きで生誕祭

    月屋スタッフのkosちゃんの誕生日を祝って、

    望月のお部屋で、手巻きパーティを催しました。

    IMG_7435

    「確認なんですけど…」

    「この催しは何の会ですか?」

    「ほんとに私の誕生日会ですか?」と

    始まる前から泣いちゃった。

    IMG_7442

    そんな超絶ピュアなkosちゃんに、

    可愛ええなぁとみんなにやにやにったり。

    IMG_7457

    私女将とkosちゃん、同い年なんやけどなぁ・・・おかしいなぁ。

    いつまでも、このままのkosちゃんで居てほしい!

    たくさんの幸が降りそそぎますように**

    IMG_7461

    ※ちなみにこの素朴で可愛いケーキは北山のコム トゥジュール

    お料理が大好きなkosちゃん、

    不定期でケータリングなどもしているのですが、

    5日5日の五条のきさき市では、

    錺屋のお茶室を使って、1日限定のカフェを営業します!

    ぜひ会いに来てくださいね*

    御旅宿月屋 女将

  • 御旅宿月屋
  • Bed & Breakfast Tsukiya、京都の御旅宿 月屋、地下鉄 五条駅より徒歩3分 京都駅・四条烏丸駅より、地下鉄にて一駅京都の中心地、駅近で観光・ビジネスにアクセス良好 アクセスのページへ
  • 月屋の女将ブログへ
  • 月屋のfacebookへ
  • 月屋のtwitterへ
  • 月屋の姉妹店、京都の町家ゲストハウス錺屋へ