京都の御旅宿 月屋、bed and breakfast Tsukiya

go to the english page

京都・五条 片泊まり 町家の旅館、ゲストハウス錺屋姉妹店 御旅宿 月屋

  • お問い合わせ
  • 月屋についてのページ
  • 宿泊についてのページ
  • お部屋の紹介のページ
  • 空室状況のページ
  • ご宿泊予約のページ
  • 月屋へのアクセス方法のページ
  • 女将日誌

    カテゴリー別アーカイブ: おすすめスポット

    【四條南座】吉例顔見世興行

    ひと月半ほど前に「南座発祥400年 南座新開場祇園お練り」が開催され、

    話題を呼びました。

    11月1日に新開場したばかりの京都四條南座で、

    吉例顔見世興行」を観劇してきました*

    外壁塗り直しと、瓦の葺き替えで、ぱっと見綺麗になっています。

    今回は歌舞伎を見に行ったことがない方にも分かりやすいよう、

    お伝えしてまいりますので、ぜひ参考にしてみてください。

    IMG_9287

    開演は16時50分。

    南座前は大変賑わっていました。

    お弁当とお茶を買って、少し早めの到着がお勧めです。

    今回のチケットは二等席B。三階席の前のほう。

    お値段は6,000円~27,000円で、例えば三階席の後ろのほうですと、

    花道での演技がまったく見えません。その分お安くなります。

    IMG_9285

    あと演目については「予習」をして、あらすじや見どころを頭に入れてからいくか

    当日「番付を買う」又は「イヤホンガイドを借りる」事をお勧めします。

    番付は詳しい演目の内容と配役、役者の顔写真など、幕間に読んで楽しめますし、

    2,000円しますが、記念になります。

    イヤホンガイドは、音声での「同時解説」で、

    舞台の進行に合わせてあらすじ・配役・衣裳・道具・歌舞伎独特の約束事などを、

    タイミングよく、お姉さんが説明してくれます。

    お値段700円。

    IMG_9288

    今回の演目は

    (1)『義経千本桜』のうちの、「木の実」から「すし屋」

    片岡仁左衛門さんが解説してくれてはります*

    (2) 面かぶり

    (3)『弁天娘女男白浪』のうちの、「浜松屋の見世先」から「稲瀬川五人男勢揃い」

    (4) 三社祭

    面かぶりと三社祭は踊り。

    他の2つは、物語の一部抜粋なので、全体の流れを把握しておいたほうが良いです。

    幕間が30分、15分、10分とありますので、

    一番長い幕間に夕飯を済ませます。何せ5時間近くあるので!

    なだ万茶寮でいただくこともできるのですが、ちょっとせわしないかと。

    IMG_9294

    最寄りの高島屋京都店では、各料亭の新開場記念の観劇弁当が販売されていました。

    お値段まちまちで、1200円~5000円くらい。

    幕間の座席で食べるお弁当って妙に楽しみで、美味しいのでおすすめです。

    見ているだけなのに本当に疲れてくるので、お茶とかおやつとか必須だと思います。

    お着物着ていらっしゃる方も多く、華やかで優雅なひとときでございました。

    生の芸事はやっぱり、いいもんですねぇ。

    IMG_9290

    ちなみに今回の大改修、内部はあまり変わった印象がありませんが、

    エレベーターが新設され、椅子の全面リニューアル、

    廻り舞台の機能向上や耐震補強など見えないところもかなり改修されたそう。

    ああ、今年もいよいよ残すところ僅か・・・

    今年の〆にいかがでしょうか。

    顔見世のチケット、ご購入はこちら*

    御旅宿月屋 

    女将 涼子

    紅葉の醍醐寺

    世界文化遺産醍醐寺

    まだ紅葉が見ごろとのことで、見に行ってきました。

    想像よりうんと広大な敷地のなか、

    伽藍・三宝院・霊宝館の3箇所を巡ります。

    拝観券は3箇所セット販売のみ、1,500円とちょっとお高め。

    奥に見えるのは国宝金堂。

    IMG_9178

    ちなみにこれは下醍醐。

    下醍醐から約1時間、山道を登っていくとさらに上醍醐があるのですが、

    台風21号の影響により、現在入山を禁止しているそうです。

    IMG_9182

    たしかに下醍醐でも、伽藍へ入ってすぐあたり、

    もののけの森のような、背の高い木々が両脇に生え、

    この世とは思えないような雰囲気が漂うはずなのですが、

    倒れて空地になっており、ちょっと残念でした。

    今後どう復旧していくんやろか・・・

    IMG_9206

    京都最古の五重塔。国宝。

    東寺より少し低めで、高さは38メートル。

    なんと平安時代(951年)に造られた木造建築です。

    IMG_9185

    さらに奥へ進みます。

    観音堂が建つ池の周り一帯は「林泉(りんせん)」と呼ばれ、

    艶やかな紅葉スポット!

    ちょうどドウダンツツジも紅葉しており、

    真っ赤っ赤でした。

    IMG_9197

    池の周りを散歩してから、三宝院へ。

    庭園全体を見渡せる書院は、桃山時代を代表する建造物。

    うぐいす張りの廊下が、きゅ、きゅと、足からも楽ませてくれます。

    優美な時間。

    IMG_9210

    こちらの庭園は、

    晩年の豊臣秀吉が「醍醐の花見」に際して自ら基本設計をした庭だそう。

    ここで秋の「醍醐のモミジ狩り」を楽しみにしていましたが、

    その年の夏に生涯を閉じ、ついに見れなかったそうです。

    IMG_9215

    最後に霊宝館へ。

    こちらは約10万点以上に及ぶ寺宝の保存と公開を兼ねた施設で、

    お寺というより、博物館です。

    付属のお洒落なフレンチカフェで、デザートを。

    ランチもあります。お寺の中なのに、お肉もいただけるという・・・

    IMG_9225

    広いので、ゆっくりみたら3時間はかかるかも。

    京都市内から少し距離がございますが、月屋からは地下鉄でどうぞ。

    醍醐寺

    〒601-1325 京都市伏見区醍醐東大路町22

    TEL:075-571-0002

    地下鉄東西線「醍醐駅」下車 ②番出口より徒歩約10分

     

    御旅宿月屋

    女将 涼子

    渉成園ライトアップ

    東本願寺の飛地境内地であり、

    池泉回遊式の庭園「渉成園」。

    ただ今期間限定で夜間拝観ライトアップしております。

    IMG_8938

    紅葉の時期の夜間拝観は、初の試みだとか。

    京都駅から徒歩10分。

    信じられないくらい街中の、オアシスみたいな庭園。

    ビルや、京都タワーが見えるのがまた面白い。

    IMG_8977

    昼間と違い、向こう岸に行けないので、

    少し狭くは感じますが、

    通常非公開の書院「閬風亭」に特別に入れる上に、

    妖しく照らし出された印月池を眺めながら、美味しいおぜんざいが頂けます。

    それだけでも満足、贅沢すぎるひと時!

    IMG_8959

    ちゃんと、和菓子屋さんが監修されています。

    羽二重のお餅も焼きたて。

    IMG_8970

    書院の造りもゆっくり味わって。

    平日のためか人も少なく、静かで風情がございました。

    華やかさはないですが、シブくていいです。

    IMG_8983

    光で彩る秋の渉成園~夜間拝観ライトアップ~

    渉成園 住所:京都市下京区烏丸通七条上る TEL :075-371-9210

    【期間】11月15日(木)~11月27日(火)

    【時間】17 :00〜20:30(最終受付20:00)

    【庭園維持寄付金】大人500円 中学・高校生250円 小学生以下無料

     

    月屋より徒歩10分、夜のお散歩いかがでしょうか?

     

    御旅宿月屋

    女将 涼子

    京都でいま、すべきこと

    大徳寺の近くにある、珈琲と和菓子と日本酒のお店『喫茶 狐菴

    店主の菴さん(真秀/Matthewさん)とは昔からお友達なのですが・・・

    (詳しくは→月屋の女将日誌参照

    フィガロジャポン12月号の別冊付録「京都でいま、すべきこと」に素敵に掲載されました。

    お客さんとして、わたくし女将の後ろ姿が写っております*

    IMG_8918

    後ろ姿ですけどね。

    IMG_8927

    ここ1年くらいでオープンしたばかりの素敵なお店の情報がいっぱい。

    ウフコーヒーソニアコーヒ喫茶店)も載ってたし!

    居合わせたから分かるのですが、

    あの丁寧な取材があってこそ、新鮮で、濃密な記事ができるんだなぁと。

    贅沢な付録ですよ!

    IMG_8925

    ぼんやりしてるうちに、良さげなお店がようさん出来てるんやなぁ。

    行ってみななぁ。

     

    御旅宿月屋

    女将 涼子

    大原の紅葉見ごろ

    京都市内はまだ「色づきはじめ」でも、

    バスでいける里山「大原」まで足をのばすと、

    「見ごろ」の紅葉とあわせて、気軽な足湯や日帰り温泉も楽しめます。

    IMG_8798

    大原温泉は寂光院のそば。

    三千院から寂光院までは距離約1.7km、徒歩で約30分の里山散歩。

    IMG_8805

    紅葉のトンネルを潜り、途中カフェなんかもあるので、

    楽しい散歩道ですよ。

    古道具ツキヒホシさんにもぜひお立ち寄りを。

    日帰り入浴できるのは大原の里というお宿。

    森林の中で釜風呂に入れます。(入浴と風呂上がりの飲物で1000円)

    こぢんまりした温泉ですが、昼間は空いていてお勧めです。

    IMG_8789 (2)

    気軽な大原山荘足湯カフェもございます。

    京都からの往復考えたら半日は欲しいかなぁ。

    IMG_7601

    大原までのアクセスについて*

    月屋、又は京都駅より京都バス17番大原方面行き1本で行けます。

    所要約50分、580円。

    駐車場も安いし、車やバイクで行くのもおススメです。

     

    御旅宿月屋

    女将・涼子

    刀剣特別展「京のかたな」

    月屋スタッフも、ついに行ってきました!

    並ぶと話題の京都国立博物館の特別展、

    京のかたな 匠のわざと雅のこころ

    IMG_8294

    平日の午後でしたら、入場には並ばずに済みました。

    (土日祝などは、入場に120分待ちもあり得るという噂・・・)

    国宝19件を含む約170件の刀剣が展示され、

    想像以上のボリュームと見ごたえがありました。

    IMG_8289

    有り難いことに月屋にようさんお泊まり頂いている、

    刀剣女子のみなさんと、刀剣マニアおじさんと、刀ダイスキ外国人とで、

    大変に賑わっている、熱量の高い展示でした。

    人気ぶりからも、2ヶ月間じゃ足りひんのちゃうやろか。

    IMG_8290

    月屋にも三日月というお部屋があり、縁を感じている国宝の太刀「三日月宗近」。

    刀身に浮かぶ三日月形のうちのけ(刃文の一種)は、

    最前列で見るのに30分ほど並びましたが・・・ぜひお近くでご覧ください!

    IMG_2707

    ちなみに月屋に2階に飾ってある刀は、

    模造刀を作り変えたもので、刀身は木製です。

    抜いても危なくありませんので、ぜひお部屋での撮影等にご利用ください。

    京のかたな 匠のわざと雅のこころ」は11月25日まで。

    京都国立博物館へは、2km程度。

    徒歩25分です。タクシーかバスの利用がお勧めです*

    京都国立博物館【東山七条】
    〒605-0931 京都市東山区茶屋町527

    JR・近鉄:京都駅下車、駅前市バスD2のりばから206・208号、
         D1のりばから100号系統にて博物館・三十三間堂前下車、徒歩すぐ
    京阪電車:七条駅下車、東へ徒歩7分
    市バス:博物館・三十三間堂前下車、徒歩すぐ/または東山七条下車、徒歩3分

    御旅宿月屋

    女将・涼子

    清水焼の郷まつり開催中

    2018年10月19日(金)・20日(土)・21日(日)の3日間で、

    京都山科の清水焼団地にて「清水焼の郷まつり」が開催中です。

    年に一度、陶器・磁器が大安売りの大陶器市。

    会場ではマルシェも同時開催で、

    こだわりの加工品やグルメ、

    京都府各地の地域団体の特産品が勢揃い*

    IMG_9218

    今年は張り切って、初日の朝一番に行き、

    交趾焼の鮮やかな小皿と、ガラスの小鉢。

    青磁の香炉と、金銀豪華な一輪挿しを買ってきました。

    IMG_8231

    一輪挿しは、ちょこちょこ擦れがあるので、

    めっちゃお買い得でした。

    IMG_8226

    古風で可愛いデザイン。

    シックやけど派手なので、お花を選ぶかも。

    今年は窯元が二軒程、売り尽くしをやっていらっしゃったので、

    90%以上など、値下げが半端なかったです。

    来年はもう出さへん言うたはりました。・・・それは非常に残念ですが。

    IMG_8224

    買うてきた器を、今朝のごはんで、早速盛りつけてみました。

    この瞬間が一番楽しい*

    IMG_8242

    デザートは柿、お米は新米になりました。

    すっかり秋です。

    IMG_8239

    会場の清水焼団地へは、月屋からも近く、

    臨時のバス(京都駅発)に烏丸五条から乗車できるので、250円・15分程度で到着します。

    地下鉄をご利用の場合は、便利な 無料貸切バスをご利用下さい。

    お車でも、臨時大駐車場が無料で利用可。

    お天気も良さそうなので、

    値引きも期待できる明日、ぜひ足を運んでみてください。

    *********************

    清水焼の郷まつりHPはこちら

    開催日 2018年10月19日(金)・20日(土)・21日(日)の3日間

    入場無料/朝9時半から夕方6時まで/雨天決行

    場所:京都市山科区川田清水焼団地町10-2 一帯

    *********************

    御旅宿月屋

    女将・涼子

     

     

     

     

    アププレでお誕生日会*

    月屋から徒歩30秒。

    ミシュラン掲載の町家フランス料理店『アププレ』で、

    スタッフしょうこちゃんの誕生日ランチ会を楽しんできました♡

    IMG_8056

    気になるランチの内容は月替わり。

    アミューズブーシュ・前菜(3種から選べる)・スープ・

    メイン(肉 or 魚)・デザートとカフェで2,900yen。

    人気店なので予約がベターです。

    IMG_8070

    ちなみにランチだけでなく、モーニングとディナーもございます。

    フレンチながら、京都らしさを感じていただけると思いますので、

    はげしくおすすめです。

    IMG_8063

    月屋スタッフと錺屋スタッフ、久しぶりに勢揃い*

    とっても美味しく、きゃっきゃはしゃいでしまいました。

    IMG_8079

    今月のデザートは栗のミルフィーユ!

    栗の!!

    IMG_8076

    おめでとう、しょうこちゃん♡

    胃が愛でみたされた、幸せな午後でした。

    御旅宿月屋

    女将・涼子

    重陽の節句、狐菴一周年

    大徳寺の近くにある、珈琲と和菓子と日本酒のお店

    喫茶 狐菴』一周年のお祝いにいってきました。

    店主の菴さん(真秀/Matthewさん)とはお友達で、

    昔からよくお菓子を与えられておりました。

    ちなみにお店は、月屋と同じ人が設計したので、好きなひとはぐっと来ると思います。

    IMG_6751

    重陽の節句にあわせ、菊の花びらを散らした、

    一周年の特別な狐のお菓子と菊茶。

    IMG_7616

    そしておとぼけ猫もなかさん。

    もなかのあんこは月替わり。注文がはいってから、詰めてくれはります。

    IMG_7641

    ちょっとはみ出たあんこが可愛い。

    IMG_7654

    給仕をお手伝いしてた狐娘さんが、超絶可愛かった*

    (この日だけの特別です、いつもはおられませんよ)

    IMG_7663

    お菓子に注ぐ愛が並々ならぬ菴さん。

    お菓子のこと、それにまつわるすべての美しいもののこと、

    語りだすと、不思議な世界に引き込まれ、戻って来れんようなるかもしれません。

    **************************************

    喫茶 狐菴(こあん)

    OPEN 15:00 ~ 21:00 L.O. 月火定休

    京都市 北区 紫野上門前町 66

    instagram

    Twitter

    **************************************

    一周年おめでとうございます!

    ますます良いお店となりますよう*

     

    御旅宿月屋

    女将 涼子

    京の洋館、開化堂カフェ

    明治八年創業、京都どころか日本で一番古い歴史をもつ、

    職人手作り茶筒の老舗、ご存知「開化堂」。

    こちらのカフェが、下京区・河原町七条に一昨年オープンしました。

    文化財の洋館造りの建物で、洋館ヲタクにはたまりません。

    IMG_6192

    月屋より徒歩20分、歩いていけないこともない。

    中はちょっとモダン。

    ランプシェードは、いつも茶筒を作っている職人さんによるものらしい。

    IMG_6173

    ドリッパーに食器、お砂糖入まで皆美しい。

    中川ワニ珈琲820円也。

    IMG_6144

    可愛いフォルムのグラスは、

    茶筒がモチーフらしく、吹きガラスの作家さんもの。

    すべてにおいて、本気と拘りを感じます。

    さすが開化堂さん。

    IMG_6145

    洋館らしい素敵な階段を上がると、

    2階にちいさなショールーム兼ショップがあります。

    IMG_6189

    銅・真鍮・ブリキの茶筒が、

    使うことでどのような色や風合いの変化を遂げるか、

    見本も展示されています。

    IMG_6177

    うちにも銅製のものが1つありますが、

    いつも触るところほど、色が変わっていくので、どうなるかは使う人次第。

    これはブリキ。素朴で格好いい。

    IMG_6181

    開化堂のHPには、

    “毎日、全体を手のひらでよくなでてください。時が経つごとに素材特有の光沢と色の変化が楽しめます。部分的に触れると、ムラができてしまうのでご注意ください。”

    とあります。

    うちの子、めっちゃ可愛がってくださいと言うてはる。

    IMG_6178

    若者のお茶離れで、急須や湯呑みが売れないなんて言われておりますが、

    ペットボトルより安くておいしいお茶が、

    簡単に飲めるのになんで~?と思ってしまう。

    道具を愛でるのもまた、豊かな時間の使い方。

     

    Kaikado Café

    OPEN 10:30–19:00 (L.O.18:30)
    CLOSE 木曜日、第一水曜日(夏季休業、年末年始休業有)
    TEL : 075-353-5668

     

    御旅宿月屋

    女将 涼子

     

  • 御旅宿月屋
  • Bed & Breakfast Tsukiya、京都の御旅宿 月屋、地下鉄 五条駅より徒歩3分 京都駅・四条烏丸駅より、地下鉄にて一駅京都の中心地、駅近で観光・ビジネスにアクセス良好 アクセスのページへ
  • 月屋の女将ブログへ
  • 月屋のfacebookへ
  • 月屋のtwitterへ
  • 月屋の姉妹店、京都の町家ゲストハウス錺屋へ