京都の御旅宿 月屋、bed and breakfast Tsukiya

go to the english page

京都・五条 片泊まり 町家の旅館、ゲストハウス錺屋姉妹店 御旅宿 月屋

  • お問い合わせ
  • 月屋についてのページ
  • 宿泊についてのページ
  • お部屋の紹介のページ
  • 空室状況のページ
  • ご宿泊予約のページ
  • 月屋へのアクセス方法のページ
  • 女将日誌

    紅葉の醍醐寺

    世界文化遺産醍醐寺

    まだ紅葉が見ごろとのことで、見に行ってきました。

    想像よりうんと広大な敷地のなか、

    伽藍・三宝院・霊宝館の3箇所を巡ります。

    拝観券は3箇所セット販売のみ、1,500円とちょっとお高め。

    奥に見えるのは国宝金堂。

    IMG_9178

    ちなみにこれは下醍醐。

    下醍醐から約1時間、山道を登っていくとさらに上醍醐があるのですが、

    台風21号の影響により、現在入山を禁止しているそうです。

    IMG_9182

    たしかに下醍醐でも、伽藍へ入ってすぐあたり、

    もののけの森のような、背の高い木々が両脇に生え、

    この世とは思えないような雰囲気が漂うはずなのですが、

    倒れて空地になっており、ちょっと残念でした。

    今後どう復旧していくんやろか・・・

    IMG_9206

    京都最古の五重塔。国宝。

    東寺より少し低めで、高さは38メートル。

    なんと平安時代(951年)に造られた木造建築です。

    IMG_9185

    さらに奥へ進みます。

    観音堂が建つ池の周り一帯は「林泉(りんせん)」と呼ばれ、

    艶やかな紅葉スポット!

    ちょうどドウダンツツジも紅葉しており、

    真っ赤っ赤でした。

    IMG_9197

    池の周りを散歩してから、三宝院へ。

    庭園全体を見渡せる書院は、桃山時代を代表する建造物。

    うぐいす張りの廊下が、きゅ、きゅと、足からも楽ませてくれます。

    優美な時間。

    IMG_9210

    こちらの庭園は、

    晩年の豊臣秀吉が「醍醐の花見」に際して自ら基本設計をした庭だそう。

    ここで秋の「醍醐のモミジ狩り」を楽しみにしていましたが、

    その年の夏に生涯を閉じ、ついに見れなかったそうです。

    IMG_9215

    最後に霊宝館へ。

    こちらは約10万点以上に及ぶ寺宝の保存と公開を兼ねた施設で、

    お寺というより、博物館です。

    付属のお洒落なフレンチカフェで、デザートを。

    ランチもあります。お寺の中なのに、お肉もいただけるという・・・

    IMG_9225

    広いので、ゆっくりみたら3時間はかかるかも。

    京都市内から少し距離がございますが、月屋からは地下鉄でどうぞ。

    醍醐寺

    〒601-1325 京都市伏見区醍醐東大路町22

    TEL:075-571-0002

    地下鉄東西線「醍醐駅」下車 ②番出口より徒歩約10分

     

    御旅宿月屋

    女将 涼子

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 御旅宿月屋
  • Bed & Breakfast Tsukiya、京都の御旅宿 月屋、地下鉄 五条駅より徒歩3分 京都駅・四条烏丸駅より、地下鉄にて一駅京都の中心地、駅近で観光・ビジネスにアクセス良好 アクセスのページへ
  • 月屋の女将ブログへ
  • 月屋のfacebookへ
  • 月屋のtwitterへ
  • 月屋の姉妹店、京都の町家ゲストハウス錺屋へ