京都の御旅宿 月屋、bed and breakfast Tsukiya

go to the english page

京都・五条 片泊まり 町家の旅館、ゲストハウス錺屋姉妹店 御旅宿 月屋

  • お問い合わせ
  • 月屋についてのページ
  • 宿泊についてのページ
  • お部屋の紹介のページ
  • 空室状況のページ
  • ご宿泊予約のページ
  • 月屋へのアクセス方法のページ
  • 女将日誌

    作成者別アーカイブ: 女将

    女将 について

    錺屋・月屋の女将です。

    京の洋館、開化堂カフェ

    明治八年創業、京都どころか日本で一番古い歴史をもつ、

    職人手作り茶筒の老舗、ご存知「開化堂」。

    こちらのカフェが、下京区・河原町七条に一昨年オープンしました。

    文化財の洋館造りの建物で、洋館ヲタクにはたまりません。

    IMG_6192

    月屋より徒歩20分、歩いていけないこともない。

    中はちょっとモダン。

    ランプシェードは、いつも茶筒を作っている職人さんによるものらしい。

    IMG_6173

    ドリッパーに食器、お砂糖入まで皆美しい。

    中川ワニ珈琲820円也。

    IMG_6144

    可愛いフォルムのグラスは、

    茶筒がモチーフらしく、吹きガラスの作家さんもの。

    すべてにおいて、本気と拘りを感じます。

    さすが開化堂さん。

    IMG_6145

    洋館らしい素敵な階段を上がると、

    2階にちいさなショールーム兼ショップがあります。

    IMG_6189

    銅・真鍮・ブリキの茶筒が、

    使うことでどのような色や風合いの変化を遂げるか、

    見本も展示されています。

    IMG_6177

    うちにも銅製のものが1つありますが、

    いつも触るところほど、色が変わっていくので、どうなるかは使う人次第。

    これはブリキ。素朴で格好いい。

    IMG_6181

    開化堂のHPには、

    “毎日、全体を手のひらでよくなでてください。時が経つごとに素材特有の光沢と色の変化が楽しめます。部分的に触れると、ムラができてしまうのでご注意ください。”

    とあります。

    うちの子、めっちゃ可愛がってくださいと言うてはる。

    IMG_6178

    若者のお茶離れで、急須や湯呑みが売れないなんて言われておりますが、

    ペットボトルより安くておいしいお茶が、

    簡単に飲めるのになんで~?と思ってしまう。

    道具を愛でるのもまた、豊かな時間の使い方。

     

    Kaikado Café

    OPEN 10:30–19:00 (L.O.18:30)
    CLOSE 木曜日、第一水曜日(夏季休業、年末年始休業有)
    TEL : 075-353-5668

     

    御旅宿月屋

    女将 涼子

     

    秋の宿直さん募集中!

    月屋錺屋では、秋期の宿直さん(フリーアコモデーション)の募集をしております。

    京都にしばらく滞在したい方、旅費を抑えたい方にもおすすめです。

    トランク一つで町家暮らし始めませんか?

    ◆募集要項◆

    ●期間

    2018年10月1日から12月31日(又はお正月明け)

    *応相談

    *約3ヵ月間の滞在が可能な方

    ●業務内容

    夜間の緊急時の対応、連絡、レイトチェックイン対応(月2~3回程度)

    ●条件

    フリーアコモデーション。

    夜9時から翌朝8時までの間、館内でお留守番をお願いします。

    その間、少し狭いですが個室にて就寝等自由に過ごして(住んで)いただけます。

    個室はお布団一式、机、棚、窓、エアコン付き。

    館内のキッチン(自炊可)、シャワー、Wi-Fi、洗濯機なども無料で利用可。

    夜9時までは毎日自由時間ですので、観光はもちろん、他お仕事や通学なども可能。

    英語は話せなくても大丈夫!

    ※なるべく希望はお聞きしますが、錺屋・月屋のどちらかに配属されます。

    ********************************

    (9月24日追記)

    この度のスタッフ募集は終了致しました。またの機会をお待ちしております!

    IMG_0685

    時代祭りに、紅葉狩り・・・魅惑の秋の京都。

    ぜひお住まいになって、京の暮らしぶりを味わってください。

    良いご縁がありますよう祈っております*

    御旅宿月屋

    女将・涼子

    月屋4周年パーティ

    4周年は先月のことだったのですが、

    ちゃんとお祝いできていなかったので、

    月屋スタッフのみんなが、シャンパンとフルーツとお菓子の、

    女子らしいパーティを企画してくれました♡

    IMG_7504

    ケーキは、大人好みのグラン・ヴァニーユ

    人気が高く、15時で既に残数が少なかったので、

    夢だった、「1列全部ください」をやりました。

    絶対選ばないなぁと思ったやつが、一番おいしかった事が、

    興味深かったです。

    IMG_7508

    しばらくお休みしていたKosちゃんも復帰し、

    昨年と変わらぬフルメンバーで、お祝いできてとても嬉しかったです。

    5年目もみんなで頑張ってまいりましょう*

     

    御旅宿月屋

    女将 涼子

     

     

     

    夏いろ鮮やかに

    今日の月屋の朝ごはんは、

    厚揚げの甘辛焼き、夏野菜のマリネ、とろろ入り卵焼き、金平、自家製ぬか漬けに、

    デザートはグレープフルーツ。

    IMG_7483

    冷緑茶と、グレープフルーツの色が鮮やかで、

    夏らしいお膳となりました。

    IMG_7485

    先日の五条陶器まつりで見つけた、

    蝶々型の器も使ってみました*

    変形皿って、アクセントになりますよね。

    IMG_7488

    玄関のお花は、ウメモドキと鶏頭。

    鶏頭って、苦手なひと多いかしら?と思って敬遠していたんですが、

    最近可愛く見えてきて、よう使こてます。

    お盆が明けると、どことなく感じる秋の気配。

    猛暑があんなにつらかったのに、終わると思うと寂しくなる。

    お花は少しづつ、秋のものに変わってきておりますが、

    心はまだまだ夏を楽しみたい。

    お茄子もそうめんも食べ足りない。

    御旅宿月屋

    女将 涼子

    夏は五条坂陶器まつり

    毎年8月7日・8日・9日・10日には、

    月屋から徒歩15分の清水焼発祥の地『五条坂』にて、

    京都・夏の風物詩『五条坂陶器まつり』が開催されています。

    朝9時より夜22時の間、清水焼の老舗から、全国各地の若手作家さんまで、

    毎日400店もの出店で賑わいます。

    IMG_7278

    今年はあいにくのド平日でした。

    悩ましいことに、

    昼間は暑いけれど、陶器が見やすい。

    夜は涼しいけれど、陶器が見づらい。

    IMG_7284

    朝ごはん用に入手したのは、

    こちらの蝶々型の小鉢と呉須手書きの箸置き。

    使うのが楽しみです**

    IMG_7436

    そして、月うさぎの角皿は1枚だけの半端もの。

    最終日の20時からのたたき売りで買いました。

    IMG_7430

    和菓子にも合うし、

    名刺置きにしても可愛いかも。

    IMG_7431

    来年も平日の予感ですが、

    ぜひともお休みを取って参戦してくださいね*

    IMG_7441

    五条坂陶器まつり

    電車:京都駅から京阪電鉄「清水五条駅」4番出口

    市バス: 207系/206系「五条坂」下車 205系/17系「河原町五条」下車

    月屋からは徒歩15分か1メーターなので、タクシーがお薦めです。

    御旅宿月屋

    女将・涼子

    盛夏・打ち水

    八月一日。

    玄関からお庭まで、ぜんぶ開け放して風を通し、

    土間に打ち水。

    IMG_7189

    ほんの少し、涼しくなる気がする。

    実際に2℃近く気温が下がることもあるのだとか。

    IMG_7192

    夏の土間はすばらしい!

    さすがエアコンのない時代の建物。

    町家だからこそできる、涼の取り方ですね。

    IMG_7206

    とはいえ、そんな悠長なこと言ってられないくらい暑いので、

    もちろんエアコンも併用して冷やしております。

    昔の夏とは別物ですからね。

    IMG_7208

    ゆうてる間に”立秋”がやってきます。

    今年は八月七日だとか。

    酷暑日が続いておりますので、皆様どうかくれぐれもご自愛下さい。

     

    御旅宿月屋

    女将 涼子

    【祇園祭】後祭宵山

    祇園祭、まだまだ続きます。

    後祭宵山とは・・・

    21日、22日、23日の3日間続く、

    前祭の混雑ぷりがウソみたいに、ゆったり楽しめる大人のお祭り。

    有名な北観音山南観音山・そして新築の鉾・大船鉾を含む

    全10基の山鉾が見られます。

    IMG_6789

    厄除け粽に団扇、手ぬぐいなど、

    各山鉾で特色のあるお品が購入できます。

    こちらは南観音山の粽五百円、手づくり団扇千円。

    浴衣姿の可愛いお姉さんから買うてください。

    IMG_6776

    昨年の分の粽は、各山鉾町で引き取ってくれはりますので、

    また来年忘れんように持ってきてくださいね。

    IMG_6791

    浴衣着てきたそらこちゃん。

    お目当ては山鉾と屏風祭永楽屋さんの限定スイーツに、

    呉服屋さんのバーゲン!

    今年も絞りの端切れや、扇子などを入手しました。

    普段は敷居が高く感じて、入れないようなお店も、

    表に商品を安く出してくれてはるので、年に一度のお楽しみ。

    IMG_6796

    23日の夜には日和神楽*や、あばれ観音*なんかもあるので、

    けっこう遅くまで盛り上がります。

    *日和神楽とは→各山鉾町の囃子方が祇園囃子を奏でながら、翌日の山鉾巡行の晴天を願いに

    四条寺町にある八坂神社の御旅所に向かい、お囃子を奉納して帰ってくるという夏の風物詩。

    *あばれ観音とは→日和神楽の後、本尊の楊柳観音様を、

    ぐるぐる巻きにして御輿に縛り付けて担ぎ、

    町内を3周しながら町の両端で激しく御輿を揺らす、ちょっと謎な儀式です。

    23時頃始まるにもかかわらず、多くの見物客で賑わいます。

    IMG_6814

    終わればちょうちんが消えて外され、

    明日の朝には山鉾巡行

    ゆうてる間にお別れの時間。

    前祭が終わっても、まだ後祭あるしなって思えるけど、

    後祭が終わると、ほんまに夏が終わる気がして、

    とても切ないんです。

    夏って長いようで、短い。

    御旅宿月屋

    女将 涼子

     

     

     

     

     

    御旅宿月屋*4周年

    祇園祭で華やぐ、七月の京都。

    そんな中、おかげ様で御旅宿月屋は粽も新たに4周年を迎えることができました。

    IMG_8785

    4周年おめでとうと、

    錺屋スタッフのあゆみさんにいただいた、昔ながらの手作り・大原産赤紫蘇ジュース。

    レモンをたっぷり絞って、暑さで疲れた体すみずみまで、沁み渡りました。

    IMG_0051

    もうひとつ、

    元月屋宿直さんのゆっこさんより、

    早採れの美里産ブルーベリーが届きました。

    IMG_0059

    青い宝石ですね。

    今年の暑さはどうしたってたまらないですが、

    本当に元気を貰いました。

    元気を貰ったといえば、

    こちら写真家桐島ナオ様のブログ。

    『京都の錺屋さんと月屋さん』

    思わず涙が浮かぶ、宝石のように美しい写真と文章。

    ぜひ静かなところで、ご一読くださいませ。

    IMG_1200

    ミシュランガイド掲載カード、月屋にて配布させて頂いております。

    スタッフ一同皆様のご期待に添えるよう、より一層努力してまいりますので

    五年目も変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

    皆様のご宿泊を心よりお待ちしております。

    御旅宿月屋

    女将 上坂涼子

    【祇園祭】月鉾回る!

    今年も鉾建てから拝観

    さらには宵山の美しい月鉾さんを拝み、

    IMG_0045

    17日の山鉾巡行、ついに回るところまで見届けました。

    鉾が回るって?

    IMG_0372

    辻回し

    青竹を敷いた上に水をかけ、車輪を乗せてすべらし、

    90度方向転換するという、最大の見せ場。

    IMG_6647

    13時半頃、四条新町の交差点。

    四条河原町(9時半頃)・河原町御池(10時20分頃)・御池新町(11時20分頃)などの、

    人気の高い交差点は大混雑しますが、

    四条新町は人も少なめ、距離も近く、穴場かもしれません。

    IMG_6651

    音頭取りの「ソーレー」「エーンヤーラーヤー」という掛声と扇子による合図にあわせ、

    曳き手が一斉に曳き、30度ずつ、3、4回に分けて回転させていきます。

    10トン越えの鉾ですから、作業は慎重でじっくりと、もっとも緊張感が走ります。

    IMG_6659

    ちなみに巡行の順番は2日のくじ取り式で決まるので、

    月鉾さんが何時頃何処を通るかっていうのは、毎年変わります。

    IMG_6665

    9時に先頭の長刀鉾が四条烏丸をスタートするので、

    スタート前にも、各山鉾町から四条通りに出てくるための辻回しが見られます。

    そちらのほうが時間が読みやすいのでお勧めです。

    朝も早めですと、まだ暑さもマシですしね・・・

     

    14時頃に、やっとおうちに帰ってくる山鉾。

    なんせこの猛暑・・・曳き手さんもすっかりお疲れの様子でした。

    24日には後祭りの巡行がございますが、

    見学の皆様も、くれぐれも熱中症にご用心くださいませ。

     

    御旅宿月屋

    女将 りょうこ

    【祇園祭】13日のトワイライトタイム

    祇園祭は13日の夕暮れ時が、人が少なくて一番好き。

    浴衣着て散歩がてら、歩いて出かけます。

    まだ提灯のついていない、準備中な山も多いんですが、

    太子山なんて、独り占め!

    IMG_6452gi

    売り切れる前に、月鉾うちわ2018年版(可愛い!)を買って、

    今年も月鉾さんに乗せてもらいました。

    毎年デザインが変わるのがニクイ。

    IMG_6479

    宵山には長蛇の列になる月鉾拝観。

    こちらも貸し切り状態!

    IMG_6487

    7月13日の京都の日没時間は19時13分。

    ぜひマジックアワー(写真が美しく撮れるという、日没後に数十分程体験できる薄明の時間)

    を狙って、四条通に出てみてください。

    IMG_6489

    東西まっすぐに延びる四条通には、

    長刀鉾函谷鉾月鉾が並び、赤やむらさき色の京の空にとろけていきます。

    ほんで、暗なったらさっさと帰って、

    おうちで(お宿で)キュッと一杯。

     

    御旅宿月屋

    女将・涼子

  • 御旅宿月屋
  • Bed & Breakfast Tsukiya、京都の御旅宿 月屋、地下鉄 五条駅より徒歩3分 京都駅・四条烏丸駅より、地下鉄にて一駅京都の中心地、駅近で観光・ビジネスにアクセス良好 アクセスのページへ
  • 月屋の女将ブログへ
  • 月屋のfacebookへ
  • 月屋のtwitterへ
  • 月屋の姉妹店、京都の町家ゲストハウス錺屋へ