京都の御旅宿 月屋、bed and breakfast Tsukiya

go to the english page

京都・五条 片泊まり 町家の旅館、ゲストハウス錺屋姉妹店 御旅宿 月屋

  • お問い合わせ
  • 月屋についてのページ
  • 宿泊についてのページ
  • お部屋の紹介のページ
  • 空室状況のページ
  • ご宿泊予約のページ
  • 月屋へのアクセス方法のページ
  • 女将日誌

    月屋×アンティーク着物撮影会

    【月屋×アンティーク着物】のススメ

     

    久しぶりに、月屋でモデル撮影をしてみました。

    モデルは錺屋スタッフあゆみさん。 

    アンティーク着物&コーディネイトは、すべてあゆみさんで、

    最近天神さん骨董市でみつけたものだそう。

    テーマは「着物で過ごす月屋」

    各客室の特色もあわせてご紹介してまいります。

    IMG_5342

    先ずは「弦月のお部屋

    専用庭を望む縁側で、ごろんと寛ぐのがおススメの過ごし方。

    最近苔を植え替えたばかりで、青々しております*

    IMG_5266

    続いては洋室・「三日月

    実は常連さんのご利用が一番多いお部屋。

    西洋アンティークの家具と着物の組み合わせは、

    まさに大正ロマン。

    IMG_5279

    ぜひテーブルでお茶をして、

    午後の優雅なひとときを味わっていただきたいです。

    また、ガラスのランプが下がっている窓辺もお勧めの撮影スポットです。

    IMG_5289

    続いて「朔のお部屋

    町家特有の虫籠窓に向かって、天井が低くなるツシ(中二階)の間。

    虫籠窓より、京都の日常を覗き見てみてください。

    (不思議と外からは中の様子が見えません)

    壁が漆喰で白いので、屋根裏部屋でも案外明るめ。

    小ぢんまりとして、ひとりでも落ち着くお部屋です。

    IMG_5300

    最後に「望月のお部屋」

    大きな床の間と、日当たりのよい縁側付き。

    いちばん奥の、お二階なので静かに過ごせます。

    縁側読書、なんていかがでしょうか?

    IMG_5311

    読んでいるのは吉兆味ばなし

    囲碁盤もあるので、撮影小物としてもご利用ください*

    IMG_5334

    広くて、月屋で一番ええ座敷です。

    2間あるので、グループでも大丈夫*

    IMG_5326

    ちなみに、掲載の写真はどれも、

    素人の私がミラーレスカメラで撮ったものです。

    月屋で写真の撮影をしてもよいか、というご質問をよくいただくのですが、

    もちろん自由に撮影していただけます。

    撮影目的の宿泊や、時間貸しも喜んで承ります。

    今回は利用しなかったのですが、

    撮影用照明(和風あんどん)も作ったので、ご利用の方はお申し付けください!

    着物はレンタル着付け屋さんが徒歩5分くらいのところに数軒ありますし、

    ご自分で着付けされる方には、姿見の貸し出しもございます。

    ぜひ【月屋×着物×撮影】を楽しんでみてください*

     

    空室状況はこちら

     

    御旅宿月屋

    女将・りょうこ

    手巻きで誕生日パーティ*

    月屋の末っ子スタッフ、

    しょうちゃんとさとみちゃんのお誕生日パーティーを、

    お庭付の弦月のお部屋で開催しました*

    IMG_5185

    メニューは楽しい手巻き寿司!

    IMG_5201

    錺屋月屋スタッフに加え、

    月屋立ち上げ時の改修に関わってくれたみなさんも集まってくれ、

    賑やかなお祝いとなりました。

    IMG_5205

    グラスをもってー、乾杯!

    IMG_5216 

    こちらが主役のふたり。

    さあて今回のケエキは??

    キルフェボンの、5月限定メイポメロのタルトの上に、

    \Happy Birthday Sho & Satomi/

    お誕生日おめでとう!

    大人の階段をまた一歩、のぼりましたね。

    初めてしょうちゃんに会ったとき、まだ高校卒業したてだったことを思うと、

    感慨深いです* →なつかしの錺屋ブログ

    IMG_5225

    手巻きもケエキも、美味しゅうございました。

    幸か不幸か閑散期のため、ぽっかり空いていたので、贅沢に貸切利用!

    スタッフも久しぶりに宿泊し、お客さま気分を味わいました*

    呑んで朝までゆったり過ごせて大満足♡

    町家ってやっぱり最高ちゃう?

    御旅宿月屋

    女将 りょうこ

    大原女時代行列

    京都・大原にて、

    2018年春の大原女まつりが5/13まで開催中*

    29日の大原女時代行列に、

    わたくし女将&錺屋スタッフあゆみさんののふたりで参加してまいりました!

    IMG_4688

    3度目の参加なので、江戸時代の衣装を選ばせていただきました。

    藍の型染めで、前だれなし。

    あゆみさんキマッてます、似合いすぎです!

    IMG_4696

    時代行列前のお楽しみは、ちゃぶ台広げての古風ピクニック。 あゆみさんお手製の竹皮弁当、 おにぎりとうるめ、だしまき、わさび漬けと草団子をいただき腹ごしらえ。 お外でいただくとなお旨いんですよねー* IMG_4738 50名くらいでしょうか、室町・江戸・明治大正と整列して、時代行列スタート! まずは寂光院でお参りしてから、 里山をのんびり、畑の脇や、大原女の小径を歩きます。 IMG_4798 最後に三千院もお参りして、ゴールの勝林院まで約2キロの道のり。 休憩も挟みながら、ゆっくりと進みます。 IMG_4848 この時代行列、大原の子供たちとその母親、一般参加のひとたちで成り立っております。 一般参加はたったの1000円! 下着から足袋、手編みのわらじまで借りられて、着付けもしてもらえるし、 寂光院三千院も無料で入れちゃうし。 写真を撮られるのが嫌でなければ、とってもお得! IMG_4862 小学生からお婆ちゃんまで、年齢に関係なく着られるのが、 大原女の衣装のいいところ。 なんたって仕事着ですからね! IMG_4890 行列は恥ずかしいという方でも、 大原女まつり期間中は、通常2,500円の着付け体験が1,000円で出来るそうなので、 ぜひ楽しんでください* レンタル着物より価値があると個人的には思います。 (※着付け体験はこの江戸の衣装でなく、一般的な明治・大正の大原女衣装です) IMG_4910 新緑の大原は、青紅葉、藤、牡丹・・・ 見どころいっぱい、美しおすえ。 有名な『大原ふれあい朝市』もあわせてどうぞ。 IMG_4927大原までのアクセスについて* 月屋、又は京都駅より京都バス17番大原方面行き1本で行けます。所要約50分、550円。 駐車場も安いし、車やバイクで行くのもいいですよ。 山道を通るので、自転車はおすすめしません。 御旅宿月屋 女将・涼子

    麗しい螺鈿の机

    今月の骨董市では、

    久しぶりに大物を購入しました。

    李朝・螺鈿の折りたたみ机!

    IMG_4642

    古いものですが、大変きれいです。

    馴染みの漆屋さんに剥がれた螺鈿の修復をお願いしたら、

    漆を全体的に塗り直してくれはったという、幸運の子。

    本来なら漆の塗り直しなんて、それだけで御幾ら万円?っていう・・・

    IMG_4648

    お得すぎる!と購入に至ったわけであります。

    大切に使わせていただきます*

    IMG_4653

    もともと朔のお部屋に小ぶりの李朝の机をおいていたのですが、

    傷んできていたので、代わりを探しておりまして・・・

    上等なものに交代できました*

    IMG_4655

    午後より、虫籠窓から日が入る朔のお部屋。

    螺鈿がきらきらと、7色とも言われる貝殻特有の光を放ちます。

    テレビなんてなかった時代は、こういう螺鈿の煌きとか、

    蠟燭の火の揺れとか、星のまたたきとか、

    そういうのを見て夜を過ごしたんじゃなかろうか。

    IMG_4659

    さてただ今の玄関のお花は、梅花空木です。

    毎日ぽんぽんと、梅に似た白い花を咲かせていきます。

    IMG_4662

    さて大人気だったGW前後ですが、

    案外直前になってキャンセルが続出し、空室が出ております。

     

    30日・1日:望月

    2日:望月・三日月・朔

    4日:望月

    5日:三日月

    6日:望月・三日月・朔

     

    ご予約はこちらから*

    最新の空室状況はこちら*

     

    この機にぜひ月屋にお越しくださいませ!

    お待ちしております*

     

    御旅宿月屋

    女将 りょうこ

    PINK

    はやくも芍薬が売っていました。

    今年は気温が高いせいか、全体的にお花のスピードが速い気がします。

    IMG_4297

    玄関のお花は躑躅。

    蕾がいっぱいついています。

    葉がないせいか、躑躅ってシルエットが格好良くて好きなんですよね。

    それだけで絵になる。

    IMG_4278

    キリシマツツジの有名な長岡天満宮も、

    やはり10日程はやく開花したそうです。

    IMG_4286

    今年は調子狂うなぁ。

    お花と体内時計、ぜんぜんあってない。

     

    御旅宿月屋

    女将 りょうこ

    旬は短し

    旬。

    そして安くなってきて毎日でも食べたい苺!

    朝ごはんのデザートも苺。

    IMG_3248

    玄関は春の花、木瓜(ぼけ)ちゃん。

    控え目で、可愛いんですよね。

    IMG_3896

    IMG_3900

    4月1日の東寺がらくた市(骨董市)へ久しぶりに行き、

    朝ごはん用に、アンティークの染付小鉢を見つけました。

    この古さで、ひらひらした薄いつくりで、

    欠けずに8個残っていてくれて、

    ありがとう!

    IMG_3893

    縁あって継いだからには、

    大事に使って残していく。

    蔵の奥に眠るより、ここでお客様に楽しんで貰えるほうが、

    器冥利に尽きることでしょう。

    小ぶりな桜の箸置きも仲間入り。

    今年は例年より早く散ってしまいそうで、いつしまえばいいのか迷います。

    旬って短いなぁ。

    がらくた市では他にもいろいろ買ったけど、

    それはまた今度!

    御旅宿月屋

    女将 りょうこ

    今年のお花見まとめ

    今年は開花が早く、3月中に満開。

    宣言通り、毎日お花見をする勢いでした。

    IMG_3525

    まずは良く晴れた満開に近しい日。

    錺屋月屋合同で・・・お昼休み中に座卓を持ってお宿をぬけだしました!

    場所は前回のブログで下見した、塩小路橋西詰めの鴨川沿いの桜並木。

    (京都駅から東へ徒歩10分)

    IMG_3520

    お花見弁当は、京都駅の隣にある明治創業の萩乃家さん。

    前日までに予約しなければ買えませんが、

    昔ながらの経木折箱が使われていて、風情があります。

    竹籠弁当は見た目も可愛い上に、籠は蜜柑入れにできます。

    IMG_3516

    そしてお菓子は仙太郎さんの桜餅のお花見団子。

    分厚く立派な桜の葉の塩漬けを、贅沢に上下2枚仕立て。

    IMG_3578

    桜に合わせた、

    錺屋スタッフあゆみさんのお着物が、目に麗しゅうございました。

    そして桜を味わうなら今しかない!というわけで、次の日。

    あゆみさんと、月屋スタッフのしょうこちゃん&しょうちゃんと、

    昼間から【鴨川日本酒耐久レース】という名のお花見を開催しました。

    IMG_3653

    各自1本桜の下で呑みたい日本酒と、お気に入りのお猪口を持参し、

    橋ごとに花見をしながら鴨川を北上し、

    酔ったものから脱落していくというおそろしいレース・・・(冗談です)

    IMG_3660

    昨日花見をした塩小路橋よりスタート。

    1本目を開封、

    伝心[春] 純米吟醸 無濾過 生酒

    IMG_3677

    お次は七条と正面の間くらい。

    桜が御簾のように目かくしする中、2本目を開封。

    京都の酒蔵 澤屋まつもと 守破離 山田錦 純米大吟醸酒

    IMG_3737

    五条に移動して、3本目を開封。

    桜色のかわいい、

    尾瀬の雪どけ 桃色にごり 純米大吟醸 生酒

    IMG_3745

    二条と丸太町で再びちゃぶ台を広げました。

    4本目は、福井の花垣 純米 にごり

    飲み比べ、どれも個性があって面白うございました。

    IMG_3781

    目標として、葵橋くらいまで行きたかったのですが、

    丸太町の居心地が良すぎたのか、ちょっぴり酔っぱらったのか、

    動けなくなってしまいました。

    来年は丸太町出発で、御園橋目指したいなぁなんて。

    すっかり昼呑みの味をしめました。

    (私は下戸だけど)

    IMG_3913

    昼花見もすてきだけど、夜花見もまた気分が良いもの。

    千本今出川の立ち飲み【あてや】主催の花見@平野神社に、

    参加させてもらいました。

    ちなみにあてやはゲストハウス金魚家の元スタッフあいりーんが、

    昨年開業したお店*

    IMG_3921

    神社の境内なのに、七輪で網焼き!ええの?

    お席料がかかりますが、炭のいこった七輪を貸してくれはり、

    食材もお酒も持ち込み自由。

    提灯に赤じゅうたん。

    こういういかにも花見ってのも、またええなぁ。。。

    IMG_3914

    今年は桜をよう堪能しました。

    早う咲いて早う散らはったので、

    今週末京都へいらっしゃる旅程のお客さまには申し訳ないですが、

    それぞれの場所で、

    その瞬間の桜を存分に味わっていただきたく思います。

    一瞬を見逃さぬように。

    御旅宿月屋

    女将・涼子

     

    満開近し!

    京都市内はこの3日間あたたかく、一気にぶあっと開花してまいりました。

    咲いちゃう。散っちゃう。どうしよう。

    桜が咲きだすと、なんだかもうソワソワしてしまいます。

    随時更新!→京都の桜開花状況*2018

    IMG_3440

    あした予定しているお花見の下見に、

    京都駅から東へ進んだ、塩小路橋南の鴨川沿いに行ってみました。

    途中、先月新しくできた屋台村「崇仁新町(すうじんしんまち)」によりました。

    芸大の新築工事が始まるまでの2年半限定だそう。

    何もお店のなかったエリアなので、

    京都の人気飲食店が軒を連ねているのはありがたいですね。

    IMG_3423

    ハンバーガーと、おやつの大福をテイクアウト。

    こんな日にはお外で食べるにかぎる!

    左がミントのお餅にホワイトチョコと文旦。

    右がほうじ茶のお餅に生チョコとレーズンの日本酒漬け・・・という斬新な和菓子でした。

    IMG_3446

    毎年錺屋・月屋のお花見で来るこの鴨川沿いの遊歩道。

    花見客も少なく、民家もなく、走る新幹線も見えて、最高なんです。

    京都駅からも近いのでおすすめです*

    IMG_3459

    満開近し。

    今がいちばん、気持ちの良いとき*

    もう毎日お花見したい!(する!)

    御旅宿月屋

    女将・涼子

     

     

    ほろにがい、春の味

    3月も、はや半ば。

    暖かい日も多くなってまいりました。

    IMG_3175

    今日の朝ごはんには、

    旬のいかなごのくぎ煮と、

    葉ごぼうとお揚げの炊いたんをお出ししました。

    葉ごぼうのほろ苦さに春の訪れを感じます。

    IMG_3189

    館内では連翹(レンギョウ)のお花も満開で、

    鮮やかな黄色に、目を奪われます。

    IMG_3146

    はー、可愛い。

    今の時期だけの、お楽しみ。

    IMG_3153

    3月18日(日)まで、東山花灯路も開催中!

    ライトアップで夜まで楽しめます。

    北野天満宮梅苑も、3月下旬まで。

    桜はまだつぼみですが、今なら京都まだ空いてますえ*

    御旅宿月屋

    女将・涼子

    春の宿直さん募集中!

    月屋/錺屋では、春の宿直さん(フリーアコモデーション)の募集をしております。

    京都にしばらく滞在したい方、旅費を抑えたい方へ、

    住みながら満開の桜を満喫できます*

    トランク一つで町家暮らし始めませんか?

    ◆募集要項◆

    ●期間

    2018年4月始めから6月末までの3ヶ月間

    *約3ヵ月間の滞在が可能な方

    ●業務内容

    夜間の緊急時の対応、連絡、レイトチェックイン対応(月2~3回程度)

    ●条件

    フリーアコモデーション。

    夜9時から翌朝8時までの間、館内でお留守番をお願いします。

    その間、少し狭いですが個室にて就寝等自由に過ごして(住んで)いただけます。

    個室はお布団一式、机、棚、窓、エアコン付き。

    館内のキッチン(自炊可)、シャワー、Wi-Fi、洗濯機なども無料で利用可。

    夜9時までは毎日自由時間ですので、観光はもちろん、他お仕事や通学なども可能。

    まずは詳細下記よりお問い合わせください。

    ご応募お待ちしております!

    →3月17日追記

    沢山のご応募ありがとうございました!募集終了いたしました*

     

    tsukiya-otabiyado001

    春は出会いと別れの季節。

    良いご縁がありますよう祈っております*

    御旅宿月屋

    女将・涼子

  • 御旅宿月屋
  • Bed & Breakfast Tsukiya、京都の御旅宿 月屋、地下鉄 五条駅より徒歩3分 京都駅・四条烏丸駅より、地下鉄にて一駅京都の中心地、駅近で観光・ビジネスにアクセス良好 アクセスのページへ
  • 月屋の女将ブログへ
  • 月屋のfacebookへ
  • 月屋のtwitterへ
  • 月屋の姉妹店、京都の町家ゲストハウス錺屋へ